モーズ オーラルミナスの画期的な使い方!

3つの役目を果たす、オーラルミナスはどうやって使うの?

 

 

1本で3役こなす、オーラルミナス。

その3役は、

  1. 歯ブラシ
  2. ホワイトニング
  3. 美顔器

この3役をオーラルミナスは、1本でこなします。

 

「でも、どうやって?」

 

どんな使い方したら、3役をこなせる?って疑問わきませんか?

 

 

 

ということで、

 

オーラルミナスの使い方を、丁寧に説明させていただきます!

オーラルミナス、美顔器の使い方は画期的な方法だった!

オーラルミナスで画期的なのが、美顔器です!

 

オーラルミナス 使い方

 

電動歯ブラシなのに、美顔器?

 

どうやったら歯ブラシが、美顔器にっ!

 

そう思いませんか?

 

 

 

はい。

 

実はその使い方に関係します。

 

 

 

オーラルミナスって、

 

「口の中からアプローチ」

 

口の中にアプローチして使います。

 

「美顔器」といっても、口の中から使うんです。

 

 

口の中からアプローチってどういう事なのか?

 

不思議ですよね。

 

その説明については、後ほどします。

 

 

ではその前に、

 

まず3役をどうやって、使い分けるかを説明しますね。

 

オーラルミナスは、先端のブラシを取り替えることで、3役をこなす!

 

オーラルミナスは、先端を付け替えることで、役割を切り替えます。

 

 

まず使う前に、用途にあった先端のブラシに切り替えます。

 

取り付け:本体の正面と、ブラシの印を合わせ、しっかりと差し込みます。
取り外し:ブラシを真上に引っ張って取り外します。

 

このように、本体にブラシを差し替えることで使います。

 

オーラルミナスの美顔器は、必ずシリコンブラシを使います。

 

オーラルミナスの美顔器に使うブラシは?

 


オーラルミナスには、2つのブラシが付いています。

 

その2つのブラシは、

密集極細毛ブラシ
シリコンブラシ

 

美顔器に使うのは、シリコンブラシの方です。

密集極細毛ブラシ シリコンブラシ

歯を磨く時に使う

美顔器として使う時

美顔器(フェイシャルトリートメント)として使う時は、

 

「シリコンブラシ」に切り替えて使います。

 

このシリコンブラシに切り替えて、口の中からアプローチします。

 

口の中から、アプローチすることがどうして美顔器になるのか?

 

 

それについて、これから説明します。

ほうれい線を撃退する、舌回し運動。聞いたことありますか?

 

舌回し運動って知ってますか?

 


ほうれい線を撃退する、舌を回す運動って知ってますか?

 

テレビとかでたまに見かける運動です。

 

ネットでも紹介されてますよね。

出典:美的 たった1分で!ほうれい線を撃退「ベロ回し体操」の効果がスゴイ


美的さんのサイトでは、ベロ回し体操で紹介されてます。

 

いろんな所で、”いろんな言い回し”で紹介されてますね。

 

 

口の中から、アプローチすることは、

 

 

「美しい顔」を作る上で有効です!

 

テレビやネットで紹介されている、舌を回す運動もいいですが、

 

口の中で舌を回すと、歯にぶつかって舌を傷めます。

 

けっこう舌回し運動って、難しいんです。

 

 

そんな、

 

うまく舌回しが出来ない人は、オーラルミナスは最適です。

ココだけの話、

 

テレビとかでやった後、1週間位はやりますけど、

 

「その後やらなくなりませんか?」

 

そんな人も、オーラルミナスの方なら続けられますよね?


お金がかかってる分、元を取りたいですから^^

 

そういった意味でも、オーラルミナスがおすすめです。

 

 

 

はい。

 

次は、オーラルミナスを実際どうやって使うかです。

オーラルミナスは実際にどうやって、口の中にアプローチしていくの?

 

オーラルミナスを、美顔器としてどう使うのでしょう。

 

 

さて、実際に使う場合のポイントです。

 

オーラルミナスの美顔器は、フェイシャルトリートメントという表現をします。

 

 

 

まず、

 

フェイシャルトリートメントは、シリコンブラシの裏側を使います。
「シリコンブラシに、軽く水をつけます。」


※シリコンブラシの裏側を使うのがポイントです。

電源を入れ、好みのモード(ソフト/スタンダード)を選びます。
頬の奥、頬骨の舌からほうれい線までゆっくりと動かします。


※上から下へ、ゆっくりと動かすのがポイントです。

唇の裏側に沿って、上から下に順番にゆっくり動かします。


※上唇裏の筋には当てないように。

頬骨の奥と奥歯の奥の、心地よい場所をゆっくりと押す。


※気持ちよくても、強く押し付け過ぎないように。

 

これがオーラルミナスの、フェイシャルトリートメントとしての使い方です。

 

毎日のケアとして、利用できます。

 

その他、次のような注意点がありますので、守りましょう。

  1. 1カ所で固定したままでつかわない。
  2. 長時間使わない。
  3. 強く押しつけ過ぎない。(※赤くなったり、うっ血するリスクがある。)
  4. シリコンブラシを強く噛んだり、引っ張らない。
  5. シリコンブラシは、歯には使わない。
  6. ヒビなど、破損したブラシは、使わない。
  7. 本来の目的意外には使わない。
  8. 一般的に、危険と思われる使い方はしない。

オーラルミナス、美顔器のまとめ。

 

オーラルミナスを、美顔器として使う時のまとめ。

 

オーラルミナスを、美顔器の使い方は、

  • 先端を、シリコンブラシに取り替える。
  • 電源を入れ、好みのモードを使う。
  • 口の中からアプローチする、フェイシャルトリートメント。
  • 下を回す運動のように、ほうれい線を撃退する働きが期待出る。
  • 毎日のケアとして、利用できる。

 

フェイシャルトリートメント、美顔器としての使い方は、分かってもらえましたか?

 

すこしでも、理解してもらえたらありがたいです。

 

いますぐ、オーラルミナスを使ってみる>

 

 

 

続きまして、

 

こちらもオーラルミナスの特徴のひとつ、ホワイトニングの説明です。

オーラルミナス、ホワイトニングの使い方

 

オーラルミナスは、ホワイトニングもできちゃいます。

 


美顔器としての使い方は、分かっていただいたと思います。

 

次は、

 

ホワイトニングの使い方です。

 

 

ヤニや歯垢を落とす時に、使います。

 

毎分240万回の超音波と、イオンでやさしく汚れを落としてくれます。

 

ホワイトニングは、超音波とイオンの働きなんですね。

 

 

 

ホワイトニングは、ブラシは使わない?

 

ホワイトニングですが、ホワイトニングは、替えのブラシを使いません。

 

ブラシを付けない状態、

 

「超音波スクレイバー」

金属の、超音波スクレイバーという状態で使います。

 

では、まずホワイトニングを使う時の、ポイントから説明します。

ホワイトニングに使うときのポイント

 

ホワイトニングを使うときには、ポイントがあります。

 

ホワイトニングを使うときには、このポイントを守ってください。

 

それは、使う前に口をゆすぐこと。

口をゆすいで、歯を濡れた状態にして使います!

 

先端が歯が直角になるようにして、使います。


※柄ではなく、くにゃっと曲がった先端が90度になるように使うのがポイントです。

 

歯の、それぞれの部分のホワイトニングの方法

 

部分によって、ホワイトニングの方法が違います。

 

 

どの部分も、先端が歯に直角になるように使ってください。

歯の表面

歯の表面は、縦に横に動かして使います。

歯と歯の間

歯と歯の間は、歯の輪郭に沿って使います。

歯茎の境目

歯茎の境目は、輪郭に沿って丸く使います。

凹凸部分

凹凸部分は、縦に横に使います。

歯の裏側

歯の裏側は、縦に横に使います。

  • 虫歯や、歯槽膿漏の部分や、詰め物の部分には使わないようにしましょう。
  • 歯に強くこすりつけることはヤメましょう。
  • 歯茎から”出血が続く場合”は、使用をやめて歯科医の診断を受けましょう

オーラルミナスホワイトニングの限界。

生まれながらの歯の色を、白くすることは出来ない。
加齢による黄ばみや変色を、白くすることは出来ない。

 

オーラルミナス、ホワイトニングのまとめ

 

オーラルミナスのホワイトニングの使い方のまとめです。

 

 

オーラルミナスのホワイトニングは、

  • 超音波とイオンで、ホワイトニングする。
  • ブラシはつけず、本体の超音波スクレイバーを使う。
  • 口をゆすいで、歯を濡らした状態で使う。
  • 先端が、歯に直角になるように使う。
  • 歯の部分に合わせて、先端の動かし方を変える。
  • 歯には強くこすりつけない。

オーラルミナスの、ホワイトニングは、

 

超音波とイオンのチカラなんですね。

 

 

毎日毎日、ケアできたらいつでもキレイでいられそうですね。

 

 

最後は3つの役割のうちの、歯磨きの使い方についてです。

オーラルミナスの、歯磨きの使い方は、ハミガキだけじゃなかった?

 

オーラルミナスは、ハミガキだけじゃないんです。

 

 

オーラルミナスは、ハミガキはもちろんですが、

 

他の働きもあります。

 

それは、

 

歯茎のケア
舌の汚れ落とし

この2つの働きもあります。

 

「オーラルミナス、どれだけすごいんだ」という感じです。

 

ずっと感心していたいのは山々ですが、

 

ハミガキの使い方の説明を続けます。

 

選ぶブラシと、部分による歯磨きの使い方!

 

ハミガキの時、選ぶブラシは?

 

密集極細毛ブラシ!

歯ブラシの時は、密集極細毛ブラシに付け替えます。

 

密集極細毛ブラシに、水/ハミガキ剤をつける。
モードを選ぶ(ソフト/スタンダード)

初めての時や、刺激に敏感ならソフト。
通常のブラッシングはスタンダード。

 

上の歯の表面と内側

  • 毛先で、上下左右に”細かく動かして”磨く。
  • 内側は、ブラシを縦にして磨く。
下の歯の表面と内側

  • 上の歯と同様、表面は上下に細かく。内側は縦にして磨く。

 

 

歯と歯茎の境目

  • 45度の角度を保ち、小刻みに磨く。
上の歯と下の歯のかみ合わせ部分

  • 毛先をまっすぐあて磨く。

 

 

奥歯の内側

  • ブラシを斜めに入れて磨く。
奥歯の一番奥

  • ブラシの先端で、小刻みに動かして磨く。

そこまで神経質になる必要は、無いと思います。

 

ゴシゴシこすりつけず、先端をあてる感じが良いようです。

 

 

次は、歯茎をケアする時の使い方です。

歯茎のケアするときの使い方

 

歯茎をケアする時のブラシは?

 

シリコンブラシ!

シリコンブラシの、歯茎用の方を使います。

 

水に濡らします。
好みのモード(ソフト、もしくはスタンダード)にします。

 

 

場所による、歯ぐきケアの方法

 

歯茎の表面

  1. 小さく円を描くように動かす。
歯茎の内側

  • ブラシを斜めにしてゆっくり動かす。

 

続きまして、舌磨きする時の使い方です。

 

舌磨きするときの使い方

 

舌の汚れを、取る時の使い方です。

 

使うブラシは?

 

シリコンブラシ

 


シリコンブラシの背中、舌用を使います。

 

シリコンブラシを濡らす。
モードを選択。
舌を出し。

  • 舌に軽くあてて、奥から手前にゆっくり動かす。

 

これが舌磨きです!

 

 

ご苦労さまです。長かったですね。

 

まとめましょう。

 

歯磨き、歯ぐきケア、舌磨きの方法まとめ

ハミガキの他に、歯茎ケア、舌磨きができます。

  • 水に濡らして使うのは、共通してる。
  • モードを選ぶのは、共通してる。
  • 歯磨きは密集極細毛ブラシを使う。
  • 歯茎ケアと舌磨きは、シリコンブラシを使う。
  • 歯茎用、舌用、それぞれでやさしく先端を当ててケアする。

 

お疲れさまでした。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

説明がわかりにくかった所があったら、申し訳ありません。

 

もし分かりにくい場合は、

 

分かりやすい動画がありましたので、それを補足としてください。

 

 

使い方だけではないですが、

 

オーラルミナスを、イメージしやすいと思います。

 

東京女神コレクションという番組です。
(2019年10月26日放送日分)

 

 

これ見ると、mous(モウズ)オーラルミナスの良さが分かります。

 

こちらからどうぞ↓

 

以上、オーラルミナスの使い方でした。

 

オーラルミナスって、画期的な商品ですね。

 

 

 

これだけ使えたら、24,800円+税もコスパ的にも優れてるって言えますね。

 
ページの先頭へ戻る